Category » ニッキ

松本山雅

この感覚を覚えてるうちに書きます。

松本まで応援しに行ってさ、ポンポンポーンと3点入れられて、はぁ、ホントに悔しいですよ。
だけど完敗すぎて清々しい。サッカーで負けたら何も敵わないよ、松本山雅には。


松本山雅がなんだか凄いらしい、ってのはなんとなくわかってたし、今年の開幕戦に6000人も来ちゃったあたりから、やばいな、このチームただの人気のある地方クラブじゃねーな、とは思っていたけど、今日実際に松本アルウィンに行って、今まで自分が目指して活動してきた事の完成形の光景を目の当たりにして、軽くショックを受けてます。


スタジアム開門の何時間も前から仲間と、家族と、スタジアムまで何百メートルも列を作って、
駐車場に止めてある車にはほとんど山雅のステッカーが貼ってあって、
ほとんど全員がレプリカユニフォーム着てて、
周りの公園では、みんなでサッカーやって遊んだり。
おまけにウルトラスは冗談のわかる良い人ばかり。笑

ホントに全てが理想的。

(チームカラーが同じ緑なもんだから・・・余計)

山雅には山雅で抱えている問題はあるだろうけど、
少なくとも今の僕にとっては、今日のアルウィンの光景が究極の理想形です。

だから、負けた後は向こう側のスタンドを見てられなかった。
悔しすぎて。
自分が今までやってきたことを、これからまたいくら頑張ってやっても
一生この空気は、ヴェルディのスタジアムでは作れないんじゃないかと。

結局、ひと通り放心して、帰りの車やサービスエリアでみんなでウダウダ話してるうちに
やっぱりもっと頑張って、考えて、このヴェルディで少しでも理想のスタジアム作りたいな、と自己解決しました。


ないものねだりしてもしょうがないですから、今の与えられた環境でもっと多くのサポーターでスタンドを埋めて、とにかく素晴らしい空気の中で選手達に試合をしてほしい。
味スタだって、ホーム側だけで5000人入れば「ホームスタジアムらしい」空気は作れるんだから。

がんばろう。

そして、もうアルウィン行きたくないのでとっととJ1上がって、その間にパワーアップして、昇格してきた山雅を迎え撃とう。

Comment(3)
Category : ニッキ,フットボール

無理矢理書くよ(三日坊主の三日目)

須藤元気さんの本。

何年か前に勧められて読んで、これはいい、と思い、ちょっと行き詰まった時などに
たまにパラパラと読んでいます。

内容は「精神的な成功哲学」という感じ。
でも決して宗教臭くはないし、胡散臭くない。かといって楽観的すぎない。
ポジティブシンキングにはもってこいな一冊です。
心を広く持ちたいと思ってる方は是非。




ビジネス系の成功哲学の本って、切羽つまりながら「あれしなさい、これしなさい」ばっかりで
読み終わった後に必死になっちゃうのが嫌で、あまり好きじゃなかったんですが(というか全然読んだこと無いけど)
最近読んだ、京セラの創設者稲盛和夫さんの「成功への情熱」という本は
切羽詰まった感じが全く無くて、ビジネス的な事だけではなく、人としてのあり方を示してくれるとても良い本でした。

読み終えて一番の感想は「なんでこんな大人物が会長なのにサンガはJ2なんだ」というサッカー脳な自分ですが。




須藤元気と、稲盛和夫。

共通点の全く無さそうなお二方ですが、言ってることの根っこはほとんど同じ。
そして、どちらも文章が優しいんです。優しいからこそ、説得力がある。

もし時間があったら読んでみてください。







こういうのもやっておりますので、是非!
スタジアムの往復は、緑の服着てヴェルディアピール!

Comment(0)
Category : ニッキ,ホン

なんとか続いております(三日坊主の、二日目)

この雑多な住宅街と電線と、ちょっと不気味な青空と、虹。
浅野いにおの漫画に出てきそう、と思って撮った後ちょっと自己満足でした。

話は替わって、僕、木村カエラが大好きなんですけど、
最近、前田アナがそれを凌駕してんじゃないかなと思って。

なんなんだろうね。31歳だってよ。
そのへんにいませんかね、こういう子。

Because / KAELA KIMURA

この頃良いっしょ。ダルそうな感じが。
もうデビュー8年目だそうです。

※ネタが無いときはこういう感じでいきます。

Comment(0)
Category : ニッキ

ブログ、リスタート(と言う名の三日坊主の初日)

ごぶさたしております。
相変わらず余裕が無さそうに見えて意外とダラダラした生活を送っています。

ここ最近はようやく自分の限界を分かり始めたというか、
俺はこうやって生きていくんだなーというのが少しずつ見えてきているのかなー。
いや、やっぱり迷走しています。

そんな25歳の初夏。


試合に行ったこと、思ったこと、見た景色、出会った人、美味しかったもの、、、
退屈な毎日だけど、ゆっくり振り返れば良い事も楽しい事も結構たくさんあります。
それを思い出してブログに書くことで、少しは気持ちに余裕ができるのかな、と思ったので
短くても少しずつ書いていこうかなと思います。

このブログで、僕の生存確認をしている人もいるみたいなんで。笑

続くかな。






写真は鳥取砂丘。

このブログの一番上の画像も鳥取砂丘です。
一人で夜行で鳥取行って、そこから中国四国九州をフラフラしてた時に撮った写真。
ちょうど4年前の今頃っすね。

その時の一人旅で仲良くなった人に、先日大阪で再会しました。
多分その人の人生の中で、自分の存在っていうのは本当に小さなもんだと思うけど、
こうやってその時の縁が細いながらも続いていて、少しでも自分の事を覚えていてくれることに本当に感謝です。

本当に人の縁に恵まれている自分の人生。(でも彼女はなかなかできない、何故だ。)

幸せなことです。

Comment(0)
Category : ニッキ

カータースタイルフラットピッキングと、ケララ産できめて

今日はiPhoneのアプリに頼った、手抜きブログです。

巻さんと、ジョジマール。

 

Tokyo Classics@野津田公園

 

高幡不動にある居酒屋『土間』にて、人生25年間で最も旨かった豚バラ。
誕生日に、家族に連れて行ってもらいました。
壁には日野らしく、RCサクセションのレコード。

 

“100分間のファンタジー 遊ぼうぜ 踊ろうぜ” ツアー@Zepp Tokyo
andymoriの完成形を見た。
ファンファンさん(fromくるり)のトランペットが入った、『クラブナイト』と『1984』は格別でした。

 

久々の緑旅団、京都遠征。

 

御所にて、チェリーボーイズ

 

桜満開の西京極で、がっくり。

 

爆睡するデブさんと、満開の桜をバックに1個380円のプリンを食いご満悦のデブさん。

 

 

以上、おやすみなさい!

 

 

Comment(2)
Category : ニッキ