Category » ニッキ

ナイフと棍棒

先般、SNSの誹謗中傷を要因とした有名人の方が自殺するということがあった。
SNSで顔を突き合わせずに人を批判することがいかに危険か、そのことを胸に刻まないと、と思った。

SNSというナイフや棍棒で、後ろから切りつけたり、見えないところで殴りつけるということは、
一行目に書いたことに、加担している、ということ。

こちらはポチポチと指を動かし文字を打ち込んだだけの行為で、
相手が出歩くのが怖くなったら?人と関わるのが怖くなったら?命を絶ったら?

受け手だけが傷つけられるなら、それはただの凶器です。

Comment(0)
Category : ニッキ

定食屋事件簿『おせっかい』

お爺ちゃんが切り盛りする定食屋B。
日替わりがアジフライだったので、迷うこと無く日替わりを注文した。
ナチュラルな状態で常にソーシャルディスタンスが守られており、いつも経営を心配してしまうお店なのだが、その日も例外になく店内は私一人だった。
しばらくするとキャップを被った、いかにも「昼から定食屋で瓶ビールを飲んでそうなオッチャン」が入店。
案の定、瓶ビールを注文した。

事件が発生したのはその時だった。
オッチャン「ひややっこ、おねがい」
店主のお爺ちゃん「はい、ひがわりですね」
・・・
待て待て!
確かにマスク+滑舌の悪さで、かなり聞き取りにくかったし、店主のお爺ちゃんも決して耳が良くは無さそう。かなりミスコミュニケーションが起こる可能性の高い現場だったが、絵に書いたような食い違いが目の前で展開されたのだ。
ひややっこ、を注文して、アジフライ定食が出てきたら、オッチャンはビックリするだろうし、頼んだ頼んでないで揉めること必至。
せっかくのアジフライを堪能している前でそのやり取りを見るのは気分が悪くなりそうだと思ったので、
「あの、、、いまひややっこっておっしゃいましたよ」
と、僭越ながら助言をさせていただいた。

すると、
店主のお爺ちゃん「あ、そうでしたか、ありがとうございます。ひややっこですね?」
オッチャン「ええ」
と、見事にミスコミュニケーションが回避され、ホッと胸をなでおろした。

ひややっこをつまみに瓶ビールを楽しむオッチャン。幸せそうだな。この後は追加で肉じゃがか?などと想像しながら箸を進めていると、次の瞬間ありえない光景を目にするのであった。

店主のお爺ちゃん「はい、日替わり定食です」

・・・
オッチャンの前に、何の迷いもなくアジフライ定食を運んだのだ。
え、もしかして「ひややっこ」と「ひがわり」両方だと思っちゃったのか!!
そう来たか!
せっかく回避されたと思ったミスコミュニケーション、より厄介な状況に!

「頼んでませんよ」「いや、頼まれましたよね」と揉め事になること必至。それに間違いなく助言をした自分にも飛び火してくるだろう。嫌だなあ、と暗い気持ちになってたのだが、なんとオッチャンはなんのためらいもなく、アジフライ定食を受け入れたのだ。

「???」

どういうことだ?混乱した。

1)「頼んでません」を言う勇気がなかった
2)どっちにしろ頼むつもりだったから、まあいいか
3)よくわかんないけどなんか来たから食うか

どれが正解にしろ、正しいことをしたと思っていた助言がなんだか余計な混乱を生んでしまったことは間違いない。

私は知らん顔をし、残りのアジフライをそそくさと平らげ(もっと味わいたかったのに…)、足早に店を後にしたのでした。

Comment(0)
Category : ニッキ

定食屋事件簿『圧力』

 

齢30を過ぎながらも、人生経験の薄っぺらさからか、まったく顔に威厳がなく、さらに外出が無い時は概ね、夏はTシャツ短パン、冬はパーカー姿が多いので、初対面の方にはほぼほぼ20代の兄ちゃんという認識を持たれる。
女性が接客してくれるお店(本当は行きたくないんだけれども誘われて仕方なく渋々に渋々を重ねて苦渋の決断でどうしても行かなければいけないような時にしかほとんど行かないけどね)、でも「30過ぎてるんだよね」というと「見えない〜全然若いじゃ〜ん」と言われ、いつもヘラヘラしており、それはそれで嬉しいことではあるのだが、時として定食屋ではそれが悪循環を生む根源となっている。

よく行く定食屋Aは、オバチャンが非常に気前が良く、ご飯の量を客によって勝手にプラス調整してくるタイプの定食屋だ。

前述の通りの見てくれなので、初めて店を訪れた時からオバチャンには「食べざかりの若者」という認識を持たれ、初回から茶碗に山盛りのご飯が盛られてきた。まあしょうがないよな、これは定食屋あるあるだな、と受け入れ、オカズだけでは食べ切れなかったので追加で注文した生卵と納豆を駆使して食べきった。

すると次回から、「ご飯をたくさん食べたくてわざわざ追加で生卵と納豆を注文する食べざかりの若者」という認識にアップデートされ、「足りなかったら遠慮しなくていいのよ〜」というありがたい言葉も掛けていただくようになった。
さすがに毎回これはキツイと思ったので3回目訪問時には事前に、体重増加を抑えたいのでなるべく白米は減らしたい旨を伝えようとしたが、「ご飯すくn」「遠慮しなくていいのよ〜食べれる時にたくさん食べなさい〜」と、食い気味で被せられ、なす術がないことを悟った。

若いものはたらふく食べて、しっかり働け。

山盛りの白米に込められたオバチャンのメッセージを胸に、今日も生卵と納豆を追加注文するのであった。

 

 

Comment(0)
Category : ニッキ

よく聴くプレイリストの話

気にしすぎてもなあ、交通事故に遭うくらいの確率だしな、という自分と、
スーパーですれ違う人に「もうちょっと距離取ってほしい…」と思ってしまう自分。
世の中の事よりも、相変わらず都合よく物事を解釈してしまう自分に嫌気が刺す今日この頃です。

(導入めっちゃネガティブ!)

こうやって初夏の心地よい空気が流れる休日の午後にゆっくり文章を書く時間。
(すいません、昼間に下書きして放置してました)
サポーター業に入れ込んでしまった身分からすると、とても貴重でありがたい時間が過ごせている。

でも、やっぱり熱狂が足りない。
ゴール決まって抱き合いながら、みんなで「密です!密です密です密です密です!」とかやりたいよ。

しかしサッカーはナマモノで、良い時も悪い時も、その時その状況の感情が行動のガソリンになるので、今の状況であれこれ考えたりするのはわりかし難儀で、こんだけ時間あるんだからゲーフラ何枚も作ってやるぞ!、とか思っていたけど、そんな気もなかなかなれず。

普段から1人で籠もって仕事をすることが殆どなので、メンタル的にはそこまで影響はないと思いきや、これが週末も誰とも会わないとなるとさすがにめげる。

そんな中で日常的に外界と繋がれるのがラジオ。自分の好きな音楽を流してばかりいると、どうしても内に内に籠もってしまうので、今は専らラジオを一日中かけ流している。

「ラジオよく聴くんだよね」というと必ず起こるのが、AM対FMの論争。
深夜のAM放送を聴いてこそ真のラジオリスナーだ、FMなぞ気取っているヤツが暇つぶしに聴くもの、というAM派に、我々FM派は特に返す武器もないので、「ラジオよく聴くんだよね」と軽いノリで宣うのは非常に危険。かくいう自分はほとんど81.3しか聴かないので、あまり「ラジオ好きなんだよね」と宣っているとボコボコにされてしまうのです。(j-waveも深い時間はなかなか面白いよ)

冗談は置いといて。
録音機器やネットワークの発達のおかげもあって、ラジオはテレビと違いリモート収録でもクオリティが落ちないから、コロナ禍(なべ)においても以前の日常とほぼ変化なく楽しませてくれる。一人でヘラヘラ笑ったり突っ込んだり。ありがたや。

 

ラジオと並んで、日々の耳のお供になっているのが「他人のプレイリスト再生」。これなら、知らない曲を聴くという楽しみもあるし、内に篭りすぎることなく、心地よく仕事も捗る。センスの良いプレイリストであればなおさら。

 

せっかくなので、最近リピートを繰り返しているお気に入りのプレイリストを紹介させてください。

 

その1はこちら。

 

DJヤマモトに「ローファイヒップホップが気になってる」という話をしたら、「もろ守備範囲です」とかいって、頼んでもないのにまとめてくれたプレイリスト(失礼)

ローファイヒップホップとはなんぞやと言ったら、自分もよく知らんけど「深夜に聴いてもうるさくなくてなんなら聴きながら寝れる」という感じのゆるいやつ。(これがヒップホップなのかよく知らんけど!)

ほぼシラン人!
と思いきや全部しっくり来て、今はラジオに飽きた時は真っ先にこれを再生。
(最後にエビスビーツ出てきて、これはギリ聴いたことある!と嬉しくなった)

ちなみに自分がローファイヒップホップを知るキッカケになったのはこのチャンネル。


(24時間垂れ流し)
ジブリっぽい背景は、もともとは耳をすませばのワンシーンをそのまま使ってたら流石に怒られたらしく、限りなくそれに寄せたアニメになったそうで。そりゃ怒られるわ。

このあたりのシーンのことはここに詳しいのでご興味のある方はぜひ。
https://www.beipana.com/entry/what-is-lofi-hip-hop

 

 

もう一つのお気に入りプレイリストはこちら

 

 

近所のコーヒー屋さんtak beans(https://twitter.com/takbeans)の店内BGMを、店主のマツさんがプレイリストにして公開してくれたもの(邦楽バージョン)
曲目をみればわかりますが、聴けばグワァァァっ!っと心を鷲掴みにされる90-00年代の邦楽ロックのキラーチューンがズラリ。ド定番ではあるのだけど、これだけ隙間なくリストアップしてくれると、これも入れてきたか!と、聴いていてニヤケてしまう。
(この中にあっても埋もれない崎山蒼志君はさすが)
聖蹟にルーツのある踊Foot Works(オドフットワークス)が入っているのもポイント。

まず間違えない名曲ばかりなので、リモートワークのBGMに困ったらぜひ。

 

今まで「音楽はTSUTAYAで借りてきていちいち録音する派」と、こだわってる気取りをしてきたのだけど、こうやって誰かのプレイリストを聴けるというのはサブスクリプションの大きな魅力だ!(気づくの遅い?)

 

 

そんな感じで、最後は珍しく有益な情報をお伝えしてしまいましたが、そういえば前回「BiSH考(1)」という記事を「続きはまた今度」と締めておきながら放置していたのを今思い出したので、次回はそれについて書きたいと思います。

Comment(0)
Category : オンガク,ニッキ

近所のコンビニの店員のオバチャンとセントチヒロ・チッチ

先日、ある経験をもとに

近所のコンビニの店員のオバチャン = セントチヒロ・チッチ

であるという式を証明することに成功しました。

今日はその考察について書いてみたいと思います。


先日、近所のコンビニの店員のオバチャンを
地元の駅のホームで見かけたんです。

知り合いでも友達でもないのに、あーー!知ってる人!
という感じで何か嬉しくなってしまい(別に普通のオバチャンなんだけど)
あわよくば挨拶をしそうになってしまいました。



いや待てよ、と。

俺はオバチャンのこと知ってるけど、オバチャンにとっての俺は
ただの「客の中の一人」かもしれない。

もしかしたら、「野菜スティックをよく買う奴」というくらいの
認知はしていただいているかもしれない。

にしても、急に話しかけられたら、オバチャンだってビビるだろうし
そもそもオバチャンもプライベートだし。



そこでふと考えたんですけど、
仮に俺が駅でセントチヒロ・チッチに遭遇したとする。

俺はセントチヒロ・チッチのこと知ってるけど、セントチヒロ・チッチにとっての俺は
ただの「客の中の一人」かもしれない。(いや、確実にそうだ)

もしかしたら、「いつもヨーダのパーカーを着てる奴」というくらいの
認知はしていただいているかもしれない。

にしても、急に話しかけられたら、セントチヒロ・チッチだってビビるだろうし
そもそもセントチヒロ・チッチもプライベートだし。



もう少し考察を深めてみると、

俺はコンビニの商品を買って、コンビニのオバチャンに会う。
俺はCDやグッズを買って、セントチヒロ・チッチに会う。

俺とオバチャンとの会話は、せいぜい1回10秒たらず。
俺とセントチヒロ・チッチとの会話も、せいぜい1回10秒たらず。

別れ際に俺はオバチャンから紙片(レシート)をもらう。
別れ際に俺はセントチヒロ・チッチから紙片(チェキ)をもらう。



と、考えると、コンビニのオバチャンが
なんだかとても向こうの世界にいる人のように思えてきてしまいました。




ここまで書いて、落とし所が全く見つからないので、
わざわざ睡眠時間を削ってまでこのテーマで文章を書こうと思った
1時間前の自分に一発食らわしてやりたいですよ。




でも、なんなんでしょうか。
近所のコンビニの店員のプライベートを観た時の、
ちょっとうれしいあの感覚って。

Comment(0)
Category : ニッキ