Category » エイガ

最近見た映画「ちいさな独裁者」

封切りのときに武蔵野館にアプリで知り合った映画好きの女の子と観に行った映画。
初めて会った子となんちゅー映画観に行ってんすか。
(その子とは3回武蔵野館で映画を観て3回食事を奢った挙げ句、本命が出来たと連絡が取れなくなった)

『ちいさな独裁者』は邦題で、原題は“Hauptmann”(ドイツ語で大尉の意味)。
ガッカリ邦題が多い中、この邦題には納得。

脱走兵がたまたま見つけた大尉の軍服を着て、身分を偽って横暴を繰り返していく話。
だけそれは結局、「ちいさな」でしかない。あんだけ横暴しといて、お前最後それかよ!というオチを観たあとに、「独裁者」という恐怖感を煽るワードに「ちいさな」をつけるワードセンスが腑に落ちます。(この人身長もちっさいんだけど)

戦争映画を観るときは、残酷な戦争という「ダークサイド」の中にある「ライトサイド」を感じるのが楽しみのひとつ。
ナチスドイツだって、僕らよりたった2世代・3世代前の話。人間そんなに変わらない。子供をぶった切りまくったアナキン・スカイウォーカーだって、ダース・ベイダーだって、結局ライトサイドな心がある。映画の中で戦争に参加している殆どの登場人物は、そんなライトサイドの心を持っている。

主人公ヘロルトも、参謀になるフライタークも、ライトサイドの心を持った一介の市民。それが、戦争という狂った状況の中で、スイッチをパチっと切り替えたようにダークサイドに変わる瞬間を読み取るのが、この映画の一番の面白さかもしれない。でも結局スイッチが切り替わっただけで、「ちいさな独裁者」でしかないんです。

エンディングもとても良くて、120分映画を観せておいて一番伝えたいことはそこに詰まってるんじゃなかなという感じ(もちろん内容見た上で理解できることなんだけど)。ナチスが題材の映画を観ると、こんなにむごい事をして、と必ず思うが、それもすべて今のドイツ、今の世界と地続きなんだ。そんなエンディング。

あと個人的に、どんな映画でも「ハイル・ヒトラー」を面倒くさそうに適当に言うオッサン軍人が好き。ビシッとキメて言うやつにロクなやつはいないよ。

Filmarks https://filmarks.com/movies/81436

主人公のモデルとなったヴィリー・ヘロルト 

Comment(0)
Category : エイガ

最近見た映画「佐々木、イン、マイマイン」

佐々木、イン、マイマイン。

柄にもなくパルコに買い物に行こうと坂を登る道すがら、シネクイントの前で目に飛び込んできたこのポスター。
え、どれが佐々木なの?このイケメン?モジャモジャ?

思わず足を止めて、タイトルを検索。
スマホに流れる予告編を観ながら立ちすくし、すぐに上映時間を調べた。

青臭くて突き抜ける疾走感。
自分の過ごした青春や、こう過ごしたかったという幻想の中の青春が入り乱れて、グリグリと心を持っていかれる。

そして大人になってからの淀み、停滞感。
何が正しく、何が間違っているのか。

突き進む事も彷徨う事も、
何かをする事もしない事も、
何も間違いじゃないんだ、と少し救われた気がした。

スクリーンの中に引き込んでくれた役者さん達が凄かったし、静かにグッと心を掴む音楽も、儚い青春時代と淀んだ今を映し出す映像も、脳裏に焼き付いてしばらく離れない感覚。

色んな人に予告編のURLを送りつけることにします。
あー、もう一回観に行こう。
佐々木!佐々木!佐々木!佐々木!佐々木!佐々木!佐々木!佐々木!佐々木!佐々木!佐々木!佐々木!佐々木!佐々木!佐々木!佐々木!佐々木!佐々木!

佐々木、イン、マイマイン
https://sasaki-in-my-mind.com/

上映館(近くはシネクイント、武蔵野館など)
https://eigakan.org/theaterpage/schedule.php?t=TSt31hSv

Comment(0)
Category : エイガ

最近見た映画(序)

ブログを書くことに関しては、3日坊主を地で行っているでお馴染みのキウチです。

誰の糧にもならないからいいや、と思いつつも、書かないことは実は一番自分の糧になっていないということにようやく気が付きました。感じたことを開放すればまた何かが生まれるかもしれない、という期待を持って。

配信サービスのおかげですっかりTSUTAYAにも行かなくなってしまった。何に関してもそうだけど、「便利になって行われなくなった行為」には何にも変え難い価値があったというのを、このご時世になって感じるようになった。
恋人とフラッとTSUTAYAに寄り、何を観ようか、これがいい、あれは嫌だ、結局俺が全く観たくないディズニーの映画に落ち着く。あの時の無駄に思えた数十分には、実は、テレビの前でポチポチリモコンを操作して映画を選んでいるだけでは得られない幸福が含まれていたのだ。(いや、そもそも今恋人いないから補正入ってんじゃん、というツッコミはなしで)
え、恋人がいれば、テレビの前でポチポチリモコン操作して映画選ぶのも楽しいって?
いやいや、TSUTAYAでパッケージ取って裏面のあらすじ読んだりさ、「お互い10分間で観たい映画3本選んでその中から決めよう」とかいって別行動して探したりさ、のれんをくぐる男性に対して「俺は今彼女と来ているから、のれんの中には用は無いのだよ」という無駄な優越感は、テレビの前でポチポチやってるだけじゃあ、感じられんのだよ!

「便利」とは違う角度だけど、こういうご時世になって増えた「配信ライブ」というものに全く興味が湧かないのだ。15年以上ライブに通い続けた大好きなアーティストも、沼にドハマリしたアイドルも、何度が配信ライブを行っていたが、どれもスルーしてしまった。
つまり、自分がライブに求めていたのは「音楽を聴く」ということではなく、「空気を感じる」ことだったのだ。

チケットが手元に届いた時のワクワク。
何時に駅に着いてあそこのロッカーに荷物入れて、終わったあとはあの銭湯に行って…でも終電間に合うかな、と計画する時のソワソワ。
早くお目当て出ないかなと思って聴く気はなかったけど、実は初見の対バン相手もすごく好みだった時の、お得感。
暗くなってSEが鳴った時の胸の高鳴り。
一番好きな曲を序盤にやっちゃった時の、もう満足したから帰ってもいいわ感。
アンコールでブチ上がるのを期待してたのに、静かな曲で締められた時の、それじゃない感。

それを全部含めての「ライブが好き」だったんだ。

配信ライブをして活動をしなければ、アーティストは死んでしまう。俺も好きなアーティストが死んでしまうのは嫌だ。
でもこんなご時世でも、やっぱりライブで感じる事ができるものを、アーティストには求めたい。心が死んでしまう前に!

映画の話をするつもりで書き始めたのに、だいぶ逸れてしまいました…
偉そうにTSUTAYA論について語った自分も、月額を払ってるし…ということでNetflixやAmazonプライムのお世話になっている今日このごろ、次回あたりから観たものを紹介できればいいな…。

Comment(0)
Category : エイガ,ニッキ

最近見た映画の話「まほろ駅前多田便利軒」

※ネタバレ注意

『まほろ駅前多田便利軒』観てきました。
@吉祥寺バウスシアター

http://mahoro.asmik-ace.co.jp/
2011「まほろ駅前多田便利軒」製作委員会
監督・脚本: 大森立嗣
原作: 三浦しをん
音楽: 岸田繁 
主題歌: くるり
出演:瑛太、松田龍平、片岡礼子、鈴木杏、本上まなみ、柄本佑、大森南朋
   松尾スズキ、麿赤兒、高良健吾、岸部一徳
配給:アスミック・エース



ここまで、全てがしっくりとハマっていれば、そりゃ面白いでしょう。

瑛太と松田龍平といったら『青い春』・・・とよく目にするけど、もう何年も前に見たっきりだけど、実は瑛太の印象があまりない。どっちかというと新井浩文と高岡蒼甫(あおいちゃんの旦那)が目立ってたような。

この『まほろ駅前』は、何を隠そう『町田駅前』のこと。
町田市も全面バックアップしてたみたいで、惜しげもなく町田の街並みがでてきます。

町田って、なんか絵になるんだよね。立川や八王子じゃ絵にならないのに。
『東京であって東京でない』っていう、地理的にもイメージ的にも微妙な立ち位置が、きっと物語の舞台にはもってこいなのだろうか。
浅野いにおの漫画にしてもそうだし。
世田谷とか練馬でもだめなんだよな。やっぱり町田なんです。
駅前は都会だけどちょっと行くと住宅街と畑と山。そこに住む人は都会的な感覚を持ちつつも、真の都会人ではなくどこか田舎くささ(いい意味で)を持ってる。そういう環境だけで、色々な物語が渦巻いてそうな感じがするもんね。

町田の話はおいといて。

汚ねえ臭そうな作業着でさえも着こなしてしまって見事に便利屋に扮した瑛太と、
飄々とした風貌、喋り方、笑い方、走り方、全てがハマっている松田龍平。
脇も実力のある人達で固められてるし、くるりの主題歌もビッタリ。
原作を読まずに観たけど、5分で世界に入り込めました。

監督の大森立嗣、弁当屋役の大森南朋、便利屋に仕事を依頼する爺さん役の麿赤児。一家で作品に関わっているってのも面白いです。

一番の見所は「なんじゃこりゃーーーーーーー!」だね。笑



原作も読んでみたい!






その後、吉祥寺「ニライカナイ」で泡盛に撃沈。
ラフテーうますぎる。
ちんすこう食った!三日三晩!

楽しい一日でした。

Comment(0)
Category : エイガ,ニッキ

最近見た映画の話「-劇場版神聖かまってちゃん-ロックンロールは鳴り止まないっ」

※ネタバレ注意

かまってちゃんの映画見てきました。
@渋谷パルコPART3 シネクイント

「-劇場版神聖かまってちゃん-ロックンロールは鳴り止まないっ」



http://www.kamattechan-movie.com/




すっかり大物になってしまった神聖かまってちゃん。と言っても、自分が聴きはじめたのもそこそこ売れ出してからだから、「昔からのファン」ぶった事は言えないけども。

かまってちゃんのライブまであと1週間という時間軸で、
「恋愛と将棋と家庭の狭間で揺れる、女流棋士を目指す女子高生」と
「母子家庭、母はストリッパー、常にパソコンを持ち歩く園児」と
「ただひたすら振り回され続けるかまってちゃんのマネージャー、ツルギくん」の、
豪華3本立てが同時進行で進んでいくというストーリー展開。




女子高生役の二階堂ふみが、若かりし宮崎あおいを彷彿とさせる演技力と雰囲気を醸しだしてました。
顔もちょっと似てるよね。
何が良いって、この二階堂ふみさん、好きな音楽はセックスピストルズに毛皮のマリーズ。小6の頃にすでに「人間失格」を読んでいたというなかなかのツワモノ。ちなみに1994年生まれ。笑
このボサッとした黒髪をなびかせる感じがたまらないです。(きっと超絶級にいい匂いがするはず)

ストリッパーの母親役を演じた森下くるみは、皆さんご存知の通り。
お世話になった方もたくさんいらっしゃるでしょう。なんか最近は文章書いたりトークショーやったり、文系路線に行ってるみたいです。いや、やっぱ綺麗でしたよ。

この2つストーリー(将棋と園児)には、もうちょっと「親の愛」の要素が欲しかったなーと思いました。
将棋のストーリーで言ったら、父親が最後に将棋板を押入れから出して物思いにふけるシーン。
園児のストーリーで言ったら、森下くるみがストリップの楽屋でかまってちゃん聴いてるシーン。
この2つで、「親には理解しがたい行動をとる我が子」への、理解や愛を表しているんだけど、なんかもうちょっと直接伝えるようなシーンがあっても良かったんじゃないかなー。まあでも、あまり直接的な表現だと臭くなっちゃうから、この遠まわし加減がいい具合なのかも。

で、秀逸だったのがツルギくんの演技。というか素ですよねこれ。
あと、monoがしゃべるたびに、映画館中から失笑が起きてました。笑




「メジャー」と「インディー」というのは、音楽やってる当人たちでさえその境界はあまりわかっていなくて、結局、はやし立てる周囲によって創り上げられていくというか。
そこで、はやし立てられて、ワイワイ有名になっちゃって、武道館でやっちゃって、っていうのが「メジャー」。ちょっとはやし立てられるけど、やっぱりちょっと時間が経つとコアなファンしか残らない、っていうのが「インディー」。だと、勝手に思っています。(メジャーもインディーもどっちが良い悪いっていう話ではないです)

かまってちゃんは「メジャー」と「インディー」の狭間を、うまく渡り歩いている感じ。
音楽好きのコアな人たちにも賞賛されるし、普段は音楽あまり聴かない人たちからも「なんだこれ!」という感じで注目される。映画化されちゃってる、っていうのが正にその証なんじゃないでしょうか。
あと「下品じゃない」っていうのもポイントかもな。かまってちゃんの歌詞って、決して下品じゃないもんな。

いわゆるゲテモノ扱いかもしれないけど、音楽で生きていく、音楽で世間にインパクトを与えるっていう意味では、かまってちゃんの進んでいる道は至極真っ当な道だという気もします。
あまり真摯に音楽だけをやっていても、大きいインパクトは残せないだろうしね。それはそれでコアなファンたちを喜ばせ続けてくれるから良い事だけど。(かまってちゃんだって真摯に音楽やってると思うけど。笑)

そんなかまってちゃんの後継者は、是非日本マドンナに担っていただきたいと思ってる。
ビジュアル面でも申し分ないですし、ライブパフォーマンスに磨きをかければ。。。














お・ま・け


オチアイユウキ(20)学生
「今日はIKEAのロゴを意識した配色にしました」

Comment(0)
Category : エイガ,ニッキ