Category » エイガ

最近見た映画の話「まほろ駅前多田便利軒」

※ネタバレ注意

『まほろ駅前多田便利軒』観てきました。
@吉祥寺バウスシアター

http://mahoro.asmik-ace.co.jp/
2011「まほろ駅前多田便利軒」製作委員会
監督・脚本: 大森立嗣
原作: 三浦しをん
音楽: 岸田繁 
主題歌: くるり
出演:瑛太、松田龍平、片岡礼子、鈴木杏、本上まなみ、柄本佑、大森南朋
   松尾スズキ、麿赤兒、高良健吾、岸部一徳
配給:アスミック・エース



ここまで、全てがしっくりとハマっていれば、そりゃ面白いでしょう。

瑛太と松田龍平といったら『青い春』・・・とよく目にするけど、もう何年も前に見たっきりだけど、実は瑛太の印象があまりない。どっちかというと新井浩文と高岡蒼甫(あおいちゃんの旦那)が目立ってたような。

この『まほろ駅前』は、何を隠そう『町田駅前』のこと。
町田市も全面バックアップしてたみたいで、惜しげもなく町田の街並みがでてきます。

町田って、なんか絵になるんだよね。立川や八王子じゃ絵にならないのに。
『東京であって東京でない』っていう、地理的にもイメージ的にも微妙な立ち位置が、きっと物語の舞台にはもってこいなのだろうか。
浅野いにおの漫画にしてもそうだし。
世田谷とか練馬でもだめなんだよな。やっぱり町田なんです。
駅前は都会だけどちょっと行くと住宅街と畑と山。そこに住む人は都会的な感覚を持ちつつも、真の都会人ではなくどこか田舎くささ(いい意味で)を持ってる。そういう環境だけで、色々な物語が渦巻いてそうな感じがするもんね。

町田の話はおいといて。

汚ねえ臭そうな作業着でさえも着こなしてしまって見事に便利屋に扮した瑛太と、
飄々とした風貌、喋り方、笑い方、走り方、全てがハマっている松田龍平。
脇も実力のある人達で固められてるし、くるりの主題歌もビッタリ。
原作を読まずに観たけど、5分で世界に入り込めました。

監督の大森立嗣、弁当屋役の大森南朋、便利屋に仕事を依頼する爺さん役の麿赤児。一家で作品に関わっているってのも面白いです。

一番の見所は「なんじゃこりゃーーーーーーー!」だね。笑



原作も読んでみたい!






その後、吉祥寺「ニライカナイ」で泡盛に撃沈。
ラフテーうますぎる。
ちんすこう食った!三日三晩!

楽しい一日でした。

Comment(0)
Category : エイガ,ニッキ

最近見た映画の話「-劇場版神聖かまってちゃん-ロックンロールは鳴り止まないっ」

※ネタバレ注意

かまってちゃんの映画見てきました。
@渋谷パルコPART3 シネクイント

「-劇場版神聖かまってちゃん-ロックンロールは鳴り止まないっ」



http://www.kamattechan-movie.com/




すっかり大物になってしまった神聖かまってちゃん。と言っても、自分が聴きはじめたのもそこそこ売れ出してからだから、「昔からのファン」ぶった事は言えないけども。

かまってちゃんのライブまであと1週間という時間軸で、
「恋愛と将棋と家庭の狭間で揺れる、女流棋士を目指す女子高生」と
「母子家庭、母はストリッパー、常にパソコンを持ち歩く園児」と
「ただひたすら振り回され続けるかまってちゃんのマネージャー、ツルギくん」の、
豪華3本立てが同時進行で進んでいくというストーリー展開。




女子高生役の二階堂ふみが、若かりし宮崎あおいを彷彿とさせる演技力と雰囲気を醸しだしてました。
顔もちょっと似てるよね。
何が良いって、この二階堂ふみさん、好きな音楽はセックスピストルズに毛皮のマリーズ。小6の頃にすでに「人間失格」を読んでいたというなかなかのツワモノ。ちなみに1994年生まれ。笑
このボサッとした黒髪をなびかせる感じがたまらないです。(きっと超絶級にいい匂いがするはず)

ストリッパーの母親役を演じた森下くるみは、皆さんご存知の通り。
お世話になった方もたくさんいらっしゃるでしょう。なんか最近は文章書いたりトークショーやったり、文系路線に行ってるみたいです。いや、やっぱ綺麗でしたよ。

この2つストーリー(将棋と園児)には、もうちょっと「親の愛」の要素が欲しかったなーと思いました。
将棋のストーリーで言ったら、父親が最後に将棋板を押入れから出して物思いにふけるシーン。
園児のストーリーで言ったら、森下くるみがストリップの楽屋でかまってちゃん聴いてるシーン。
この2つで、「親には理解しがたい行動をとる我が子」への、理解や愛を表しているんだけど、なんかもうちょっと直接伝えるようなシーンがあっても良かったんじゃないかなー。まあでも、あまり直接的な表現だと臭くなっちゃうから、この遠まわし加減がいい具合なのかも。

で、秀逸だったのがツルギくんの演技。というか素ですよねこれ。
あと、monoがしゃべるたびに、映画館中から失笑が起きてました。笑




「メジャー」と「インディー」というのは、音楽やってる当人たちでさえその境界はあまりわかっていなくて、結局、はやし立てる周囲によって創り上げられていくというか。
そこで、はやし立てられて、ワイワイ有名になっちゃって、武道館でやっちゃって、っていうのが「メジャー」。ちょっとはやし立てられるけど、やっぱりちょっと時間が経つとコアなファンしか残らない、っていうのが「インディー」。だと、勝手に思っています。(メジャーもインディーもどっちが良い悪いっていう話ではないです)

かまってちゃんは「メジャー」と「インディー」の狭間を、うまく渡り歩いている感じ。
音楽好きのコアな人たちにも賞賛されるし、普段は音楽あまり聴かない人たちからも「なんだこれ!」という感じで注目される。映画化されちゃってる、っていうのが正にその証なんじゃないでしょうか。
あと「下品じゃない」っていうのもポイントかもな。かまってちゃんの歌詞って、決して下品じゃないもんな。

いわゆるゲテモノ扱いかもしれないけど、音楽で生きていく、音楽で世間にインパクトを与えるっていう意味では、かまってちゃんの進んでいる道は至極真っ当な道だという気もします。
あまり真摯に音楽だけをやっていても、大きいインパクトは残せないだろうしね。それはそれでコアなファンたちを喜ばせ続けてくれるから良い事だけど。(かまってちゃんだって真摯に音楽やってると思うけど。笑)

そんなかまってちゃんの後継者は、是非日本マドンナに担っていただきたいと思ってる。
ビジュアル面でも申し分ないですし、ライブパフォーマンスに磨きをかければ。。。














お・ま・け


オチアイユウキ(20)学生
「今日はIKEAのロゴを意識した配色にしました」

Comment(0)
Category : エイガ,ニッキ