Macbookとリステリンと私

サブで使っているMacbookProの画面のコーディング、なんか剥がれてきてんなー、と思いつつ面倒なので気にしないふりをしていたけど、ついになかなかの剥がれっぷりになってきたので、なんとかするか、と重い腰をあげた。

ネットで調べたらこのタイプのMacbookはキーボードとの摩擦でコーディングが剥がれやすく、購入後4年は無償で液晶交換してくれるとの情報が。こいつを購入したのが2015年…もう5年たってるな…と思いつつ、Appleの神対応を期待しつつサポートに電話するも、さすがに無理で、見積もりは5万…メイン機ならまだしも、ほぼ自宅でネットサーフィン用になった彼に5万はキツイ。

街の修理屋さんなら、と思いネットで探して見積もりを取るも、こちらは7万と。公式より高くてどうするー。と思いつつも、知人のMac博士に連絡をすると「リステリンでキレイになる」と斜め上からにも程がある情報が。口なんか?!Macbookは?!

しかし「リステリン Macbook」でググると、確かにそれらしきブログもいくつか。
だめだったら修理だすか…という気持ちで、薬局でリステリンを購入。小さい携帯用サイズもあったのだけど、どうせなら口もキレイにしたいと思ってデッカイのを買った。

Macbook Pro 13インチ(2015)の上にリステリンのツーショを撮る日が来るとは思わなかった。
液晶はこんな感じでコーティングが剥がれてきたない。(白っぽいのがコーティングが剥がれた跡)

 

少しずつリステリンを垂らして、こする。こするのは毎日やってるんで得意なんでね。
最初はティッシュでやったけどやわらかすぎるのか効果がなかったので、スポンジで。
左下の部分がこすってコーティングが落ちた部分。キレイに剥がれている。

「汚れを落とす」のではなく、「コーティングが残っている部分をこすってコーティングを落とす」作業。
コーティングが剥がれたあとは、表面に何も加工されてない液晶がむき出しになる。
なので、こすりすぎは液晶自体に傷がついちゃうので注意。コスりすぎは注意。

力の入れすぎも液晶に悪いから、力加減は結構難しい。

コス、いや、こすり終わった状態はこんな感じ。キレイにコーティングは剥がせた。

コーティングが反射を防止してくれていたので、コーティングが剥がれると、鏡かよ、というほど反射する。
反射も嫌だし、コーティングなしで傷がつくのも嫌なので、反射フィルム防止はマスト。

 

フィルムを貼ると、こんなにきれいになった。反射もしづらい。
フィルムで色のくすみは若干あるし、工場出荷状態の液晶とは比べられないが、使用上は全く気にならない仕上がりに。

知らずに修理に出していたら5万、というのを考えると、リステリンとフィルムで3,000円程度で収まり、結果快適に使える状態に回復したので良かった。

おまけに残りのリステリンで口臭対策もバッチリ。一石二鳥!

(リステリンってこんなに染みるんけ。口の中の粘膜痛いわ…)

Comment(0)
Category : ニッキ

Comments

なんかコメントしてちょ

COMMENT FEED

Trackback URL : http://togogreen.net/archives/1941/trackback